不動産を売るときに一番大切なのは不動産屋選び!

丸井です。今回は、不動産を売るときに一番重要になる不動産屋の選び方について説明していきます。

悪い不動産屋の担当者にあたると高く売れないだけでなく、余計な時間と手間がかかってしまう。その点、いい不動産屋の担当者にあたれば、早く、手間もかからず高く売ってくれます。

あなたに不動産の知識がないのならば、いい不動産屋選びに全力を尽くすべきです。

不動産屋の担当者とわざわざ書いたのは、不動産を売るとき担当者の力が大きいからです。

いい不動産会社でも、担当者の能力が低ければ希望する価格や期間で売れない。反対に、少し悪い不動産屋でも担当者の能力が高ければ、高く売ってくれたりする。

そこが悩ましい所ですが、信頼できる会社の能力のある担当者を見つけるのが一番です。

不動産屋を選ぶ前に複数の業者に査定を依頼する

不動産を売るためには、まず物件の価値を知らなければ、不動産屋との交渉が不利になります。

5000万円の価値がある物件を不動産屋が4000万円で売ってしまう可能性もある。

そんなことが無いように、複数の不動産屋から無料で査定をしてもらうと大体いくらぐらいで自分の不動産が売れるのかを知ることができます。

でも、地元で複数の不動産屋を探して査定を依頼するのは面倒ですね。私ならば、まず無料で簡単に査定ができるネットの無料一括査定を利用します。全国に対応していて、地元に本店や営業所がある不動産屋が参加しているので、自分で探す手間も省けます。

それに、無料査定を依頼したからといって、必ず査定してもらった不動産屋に仲介を依頼しなくてはならないわけでもない。

その査定金額や条件をベースにして、地元の不動産屋と交渉できるで買いたたかれる心配がなくなる。

不動産屋は業者の得意分野があるので売買に強い業者を選ぶ

不動産屋といっても、その会社によって力を入れて専門にしている分野が違う。

例えば、賃貸物件を中心にしている業者や大型物件を専門している業者などがある。

  • 「賃貸屋」賃貸物件の紹介が得意
  • 「テナント屋」事務所や店舗などの賃貸が得意
  • 「デベロッパー」大型店舗や分譲住宅の開発が得意
  • 「マンション・デベロッパー」マンションの新築分譲が得意
  • 「戸建て住宅分譲専門」ハウスメーカーと共同で新築一戸建て住宅が得意
  • 「投資物件専門」投資マンションや投資アパート売買が得意

みんな宅地建物取引業の免許もった同じ不動産屋なので、会社名だけでは判断がつかない。

自分の不動産を売りたい場合は、中古の住宅や土地などが得意な不動産屋を選ぶことが大事になる。

不動産屋で得意業務が違ってもすべて宅建業者なので同じ免許で営業しています。

こちらで調べないと分かりません。

そんな時には、ネットの一括査定サイトを使って調べるのが賢いやり方です。

都会は大手、地方は地元の不動産屋を検討する

不動産屋によって都会に強い業者と地方に強い業者がいる。

一般的に都会は、大手の販売力が強く、地方は地元の業者が強い。

都会の物件を売るなら大手の不動産屋を選ぶ

不動産の仲介は、大手の3社が圧倒的に多くの件数を取り扱っている。特に都会での実績も多く、顧客持っているため、売りやすい。

<2019年度不動産仲介件数上位10社>

順位企業名仲介件数順位企業名仲介件数
1三井不動産リアルティグルーブ41,533件6大京グループ6,580件
2住友不動産販売37,643件7三菱UFJ不動産販売5,569件
3東急リバブル25,570件8束宝ハウスグループ4,708件
4野村不動産グループ8,922件9近鉄不動産4,349件
5三井住友トラスト不動産7,935件10住友林業ホームサービス4,227件
「2019不動産業統計集」公益財団法人不動産流通推進センターより

都会で大手不動産屋が強い理由ブランド力で売り物件や購入希望者が集まる。資金があるのでオプションサービスを提供できる。

大手ポータルサイトなどに大量の広告を出せるから売りやすい。売買の実績が多いので査定の制度が高い。

地方の物件を売るなら地元で実績のある不動産屋を選ぶ

大手不動産屋のエリア外の地方では、地元の不動産屋を選ぶことになる。

その際、売りたい不動産のある程度の相場を知らなければ、不動産屋の言いなりに従うしかなくなる。

そこで、地元の不動産会社を選ぶ前に、一括査定サイトで不動産の価値を調べておくことをすすめる。

一括査定サイトの価格の精度は、高くないが、地元の不動産屋と交渉するときに役立つ。

不動産屋の免許更新の回数は参考程度に

不動産屋の宅地建物取引業免許更新は、1996年4月までは3年ごと、以降は5年ごとに更新しなくてはなりません。

この免許の更新回数は、免許番号の前にカッコつきで回数を表示しています。

例えば、「(5)第XXXXXX号」ならば、5回更新しているということです。

カッコ内の数字が1ならば、まだ設立したばかりの業者ということになるので、気をつけよう。

数字が大きくて古くからやっている不動産屋は、それなりに歴史があるので、できたばかりの会社よりも信用はできる。

そう考えると、設立したばかりの業者よりも安心できるといえるかも知れない。

とはいっても、営業力があって自立した新しい不動産屋もいる。

だから、免許の更新回数は、業者を決めるときの参考程度に考えた方が良い。

不動産屋について知るには、国土交通省の「建設業者・宅建業者等企業情報検索システム」で会社名や免許証番号で検索すれば、不動産屋の免許証番号や最初の免許年月日、代表者の氏名、加入している宅地建物取引業保証協会、所属団体(全国宅地建物取引業協会連合会など)や他の業種を兼業していることもわかる。

買換えの場合は購入時の業者も選択肢のひとつ

現在の物件を購入したときに付き合って印象が良かった不動産屋ならば、会社のことがわかっているので売却する相談をしてみるのもいい。

ただし、最初からその業者だけに相談するのは止めた方がいい。

あくまでも、選択肢の一つとして考える。

他の複数の不動産屋と比較してから決めたほうが、最善の条件で売却できる。

査定価格だけでなく信頼できる不動産屋を選ぶ

不動産屋が出す査定価格には、注意が必要です。

不動産屋は、仲介の契約をしてもらわないと利益が出ないので、他の業者よりも高い査定価格を出す場合があります。

取りあえず、契約を取るために高い査定額を出してから、売れないので価格を下げる作戦です。

なので、査定額だけで不動産屋を決めてしまうと失敗してしまう。まず、信頼できる会社なのか、信頼できる担当者なのかを考えましょう。

そして、信頼できる会社の中から、査定額の高い会社を選ぶのが一番です。

高く売りたいのは、分かりますが、査定額を優先して失敗する例が多いので、注意してください。

複数の不動産屋を比べる

最初に訪れた不動産屋で仲介を契約する人が多いので驚きます。

たまたま信頼できる不動産屋にあたればラッキーですが、失敗する確率の方が高い。

不動産屋は、儲かる客が来たと喜んでいることでしょう。

失敗を防ぐためには、複数の不動産屋を比べてから、契約することです。

少なくとも、無料で簡単に一括審査できるネットの一括審査サイトを利用してから、不動産屋に行きましょう。

そして、一括審査の結果を見てからならば、不動産の提示する条件の良しあしを判断できるようになります。

まとめ

不動産屋を選ぶ場合、一番賢いやり方は、まず無料一括査定サイトで情報を集めることです。

その集めた情報があれば、他の不動産屋と交渉するにしても有利に運べます。

それに、分からないことがあっても不動産屋に直接会わずにネットで質問ができます。

不動産屋の百戦錬磨の営業担当者と話す前に、準備しておきましょう。