不動産(自宅)の値段を査定(机上査定・訪問査定)で調べる方法

自宅を売ると考えたとき、最初に調べるのが「いくらぐらいで売れるのかな?」ということでしょう。

そこで、不動産業者に査定してもらうことになるが、この査定してもらう方法には「訪問査定」と「ネット査定」があります。

不動産の査定には「訪問査定」と「机上査定(ネット査定)」がある。

査定には、机上査定(ネット査定)と訪問査定(現地査定・実査定)があるが、私はどちらもお勧めする。

というのは、不動産を売却するときは、不動産業者に依頼して売出し価格を決めるのだが、このとき不動産業者は、訪問査定を行って不動産の状態を実際にチェックして売り出し価格を決める。

そのとき、あなたも自分の不動産について、基本的な情報を持っていないと相場の売出し価格がわからないので、不動産業者の言うままに契約するしかなくなる。

そこで、事前に机上査定(ネット査定)をやっておけば、だいたいの相場や知識、情報を仕入れることができるので、不動産業者と交渉できるようになる。

簡単にできる机上査定(ネット査定)は情報取集に便利

机上査定は、時間も手間もかからず簡単に不動産の査定ができる。

簡単だがその分情報が少ないので査定の制度は高くない。

とはいっても複数の会社から査定を取ることによって大まかな相場を知ることはできる。

また、複数の査定を比較することで取引を依頼する業者を選んでもいい。

最終的には、地元の不動産業者に依頼するとしても、大まかな相場などを知っていることによって正当な価格で取引ができるようになる。

ネット査定の注意点

不動産を売却するとき、当然だがネットだけの机上査定(ネット査定)だけでは売れないだろう。

不動産業者に「訪問査定」で詳しく査定をしてもらってから、媒介契約を結んで仲介を依頼する。

このとき複数の不動産業者の担当者に会い、売却戦略を聞いたり、査定してもらったりして、気に入った業者と契約しよう。

訪問査定は不動産を売るなら、必ず行う。

訪問査定は、不動産の売却を予定している場合は、不動産業者が売り出し価格を決めるために必ず行われる。

そして、実際に不動産を見て査定するので机上査定に比べると精度の高い査定ができる。

また、細かな問題点や改善方法など、ネットではわからない部分まで相談できるので、メリットは多い。

だが、机上査定と違い、訪問査定をするには家や土地を一緒に見て回るので、時間と手間がかかる。

複数の業者に訪問査定を依頼する場合は、その分多くの時間と手間がかかってしまう。

しかし、それが面倒だからといって、1社のみに訪問査定を依頼すると、売り出し価格や媒介契約の内容など、その会社任せになってしまうのでやめた方がいい。

もし、知り合いの不動産業者がいて、そこに頼むとしても、机上査定を行って自分不動産のだいたいの相場などを調べておくことをすすめる。

訪問査定の注意点

訪問査定を依頼する不動産業者は、3~6社ぐらいがお勧め。

多すぎると時間と手間がかかり過ぎ、じっくり話を聞けなくなる。

それに、だいたいの相場があり同じような査定結果になるので、多ければいいというものではない。

不動産業者は、あなたと媒介契約を結んで不動産を仲介するのが目的で訪問査定に来るので、媒介契約を結ぶ方向で話をしてきます。

そのときは他社にも訪問査定を依頼していることを告げて「他社の査定もみて、これから検討します」と言っておこう。

不動産業者が訪問査定に一人で来るか二人で来るか分かりませんが、誰が担当になるのかを確認しておく。

普通は、担当になる者が来て訪問査定を行うので、その人自身をチェックする。

「不動産の売却は、担当者で決まる」といわれるほど、会社より担当者が大事です。

いくら大手の信頼できる不動産業者であっても、担当者が悪いといい結果にならないことがよくあります。

反対に中小の不動産業者であっても、担当者が頑張っていい条件で売ってくれることはよくあることです。