不動産(家・土地)を売るときに調べる価格の種類

丸井です。今回は家や土地を売るときに大事な価格の種類について説明します。

不動産(家・土地)を売るとき、不動産の価格や状態、環境、社会事情など、さまざまな要因で売れるかどうかが決まります。

でも、これらの中で一番大きな要因になるのが価格でしょう。というのも、他の要因が多少悪くても、それに見合う価格であれば売れるのが普通です。

例えば、土地だけでも2000万円の価値がある物件を1500万円で売り出せば、建物がどんな状態であっても売れます。

でも、売る方としては、少しでも高い価格で売りたいのが本音でしょう。

そこで、売れる範囲で、一番高い価格を見極めることが大事になってくる。

普通は、不動産業者に不動産を売る相談をして、業者が提案する価格で売り出すことが多い。

でも、不動産業者は儲けるのが仕事なので、あなたに一番利益が出る価格で売るより、自分たちが売りやすい価格を提案してくる。

そこでおススメするのは、「目標価格」「適正価格」「下限価格」を自分で調べて、だいたいの価格を決めてから、不動産業者に相談することです。

といっても、急にそれぞれの価格を出せといっても出せないよね。

そのためには、まずそれぞれの価格の意味を知ってから、次に自分で調べることです。

それでは、まず「適正価格」「目標価格」「下限価格」について説明します。

不動産売却の「適正価格」とは

不動産売却の「適正価格」は、複数の不動産業者に査定してもらった価格を参考にすると知ることができる。

1社だけの査定価格では、正しい相場を知ることは難しいので複数の不動産業者から査定を取ることです。

そこでまず、インターネットで簡単に依頼できる査定を利用するのが一番です。

不動産の詳しい状態を調べての査定ではないので、あくまでも一般的な査定額になるのですが、相場を知る参考にはなる。

そこから、複数の査定価格に大きな上下が無ければ全体の平均を出せばいい。

それが第一段階の「適正価格」になる。

しかし、1社でも極端な価格があれば、それを省いて平均価格を出したほうがいい。

その後、自分で調べた平均価格を参考にして、地元の複数の不動産業者に査定をお願いする。

このときに自分なりの「適正価格」や知識を持っていると地元の不動産業者との交渉がしやすくなる。

そうすれば、実際に現地を見た査定額がわかるので、現実的な「適正価格」がわかるようになる。

不動産売却の「目標価格」とは

時間的に余裕があるならば、まず、「目標価格」で売り出し、売れなければ価格を下げていくという戦術で行く。

不動産売却の「目標価格」は、基本的には「適正価格」に20~30%程度上乗せした金額がいいでしょう。

たまたま自分の地域で不動産を探している人がいたり、競合物件がなかったりすると「目標価格」で売れることもある。

反対に、近隣の不動産業者を調べて同じような不動産が多く、競合する場合は「目標価格」で売るのは難しいでしょう。

それどころか、競合物件より価格を下げなければ売れないかもしれない。

そして、「目標価格」で売れるかどうかは、不動産業者の力もあるので、地元で実績のある不動産業者と契約することが大事になる。

不動産売却の「下限価格」とは

不動産価格の「下限価格」は、売主の事情で大きく変わるが、普通は「適正価格」の20~30%程度下げた価格になる。

「目標価格」や「適正価格」で売り出したが、買主がつかない場合に許容できる最低の価格が「下限価格」です。

不動産の売却に時間的に余裕があるなら「適正価格」で売れるまで待てばいいが、売主が急い売らないといけない場合などは、どうしても価格を下げて売ることになる。

住宅ローンや借金などがある場合は、最低限すべてを返済できる金額が「下限価格」になる。

しかし、最初に不動産業者と「買取保証」がついた契約をしておけば、売れなければ買取ってもらえる。

不動産業者の「買取保証」は、「下限価格」に近い価格になるので、「下限価格」で売ることも覚悟しているのならば、契約しておけば必ず買ってもらえるので検討してもいいだろう。

不動産を高く売るためには時間が必要

不動産を高く売るためには、3~6カ月程度の時間が必要になる。

不動産業者に仲介を依頼して、媒介契約すると契約の種類によるが、不動産業者がその情報を業者間で流したり、広告活動を行ったりする。

相場より安い価格であれば、すぐに買主が現れることもある。しかし、高く売るために相場より高い「目標価格」で売り出せば買主を見つけるのに時間がかかる。

といっても、買主がいないわけではない、何かの都合であなたの売り出した地域で不動産を探している買主がいるかもしれない。

それを見つけるのに、時間がかかるというわけです。

時間が無い場合は、買取という方法がある。不動産業者のなかには、

自社で買い取ってから販売するところもある。早く確実に売れるが、不動産業者も儲かるから相場より安い価格で買い取る。

仲介で売るのか、買取出るのか、あなたの事情に合わせて選べばいいだろう。